2020.09.25【Fri】

山の上の市街地・タウンジー

インレー湖2日目。朝、ニャウンシュエの町を軽く散歩する。
ニャウンシュエ (71)s
ニャウンシュエ (72)s

ドブ川みたいな細い運河にボートがたくさん停泊していて、水路として立派に活用されているようであった。
ニャウンシュエ (74)s
ニャウンシュエ (75)s

こちらはインレー湖へ向かう船着き場。
ニャウンシュエs
インレー湖 (9)s


しかし私は今日もボートには乗らず、バイクを借りて付近を走ってみることにした。レンタル料1万2千チャット(960円)。初めはインレー湖を一周するつもりだったのだが、地図を見るとどうやらそういう道はないようなので、近くのタウンジーという町に行ってみることにした。ハイウェイを走っていくとゲートがあり、もうタウンジーに着いたのかと思ったが、実は向こうの山の上に見える町並みがそれであった。
タウンジー (16)s
タウンジーs


つづら折れの山道を結構走っていく。ちゃんと舗装された自動車道で、交通量も多い。そして登りきると、山の上とも思えない広々した町並みが開けていた。インレー湖よりは500メートルほど高い所にある。
タウンジー (2)s

さらに丘の上に仏塔が見えたので登っていくと、タウンジーの町を一望することができた。山の上が平たんになっていて一杯に町が作られているようだ。向こう側は山の斜面となって切れ落ちている。インレー湖がある方角だ。
タウンジー (12)s
タウンジー (3)s


世界にはいろいろな町があるものだ。来てみて良かった。
タウンジー (7)s
タウンジー (10)s
タウンジー (14)s

ニャウンシュエではノーヘルで走っている人が多かったので私もノーヘルで来たのだが、タウンジーはかぶらないとポリスに捕まるとのこと。言われてみると走っているバイクはみなヘルメットをかぶっていた。ポリスらしき人影を見るとバイクを押して歩いたりしてなんとか無事に済んだ。その代わり釘を踏んでパンクしてチューブ交換したが、3500チャット(280円)と安くて助かった。

タウンジーからニャウンシュエへと降り、緩やかな起伏のある高原地帯を走っていく。
インレー湖 (2)s
インレー湖 (3)s
インレー湖 (4)s

のどかで快適なライディングを楽しめた。
インレー湖 (5)s
インレー湖 (8)s
インレー湖 (12)s






back-to-top